読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

母ちゃんの自由時間。

美味しいもの。 母ちゃん。 イタリア語
息子が幼稚園に通い始めてから、とりあえず、平日午前9時過ぎから午後14時までの自由時間ができました。

今まで息子をごまかしつつやっていた家事や事務作業をその時間、存分に!!
と、思うんですが、何故か、そうはいかないんです。

早起きしてお弁当作って、しぶる4歳児を着替えさせ、忘れ物のないように支度して幼稚園に送り届ける。

この工程で、すでに本来の14時までの気力体力を使い果たしてしまうんでしょうねえ......。だいたい昼食すら満足にとらず、ダラダラと最低限の作業をするだけに!

たとえその必死に作ったのが、寝坊の末の、こんな手抜き弁当でも!!!!!
f:id:toriki841:20140519161056j:plain
お弁当には食べれないものを入れてはいけない、というお達しなので、野菜の塊がほとんど食べられない息子のお弁当はだいたい単調なものなんですが......。
ハート海苔って(笑)。

やはり朝の私の頭脳、当てにならない。



そんなわけで(?)今日は目先を変えまして、友人とランチに出掛けてみました。

f:id:toriki841:20140519155653j:plain

荻窪のイタリアン、「アルベロ」!

ALBERO(アルベロ)はイタリア語で、「木」の意味。
(お店のドアの前でそう話したら80%の人が「黄」と勘違い!?!)

親近感が湧く店名!

と、いうのも。

イタリアでも「漢字」がひとつひとつ意味をもつ文字だというのはよく知られていて、日本人だというと、よく「名前を漢字で書いてみて!」と求められ、「どういう意味?」と聞かれます。

なので、

uccello(ウッチェッロ)=鳥

albero(アルベロ)=木

marzo(マルツォ)=3月=弥生

イタリアに到着した瞬間から6、7年間、何度繰り返したか......。

もしかしたらイタリア帰りだという「アルベロ」シェフも「木」がつく名前か!?次行ったら聞いてみよー。

江古田に昔「ピッコロ ボスコ」というとても美味しいイタリアンレストランがあり、

piccolo(ピッコロ)=小さい

bosco(ボスコ)=森

から、あたりをつけて、オーナーシェフを「小森さん?」と呼んでみたら、実際は惜しくも「小林さん」だったりしました。

小林さん、またどこかでお店開けてないのかなあ......。


f:id:toriki841:20140519164023j:plain

えー、そんなこんなで。
美味しかったです。
「アルベロ」。

手前が私が食べた桜えびのトマトソーススパケッティ。
奥が、友人が食べた黒豚と小松菜のペペロンチーノ。

これと、食べ応えのあるサラダ一皿、食後のカフェがついて1080円。お得〜!


さて、友人とのランチを目標に午前中勤しんだ家事は、不思議といつもより捗りました!
幼稚園のお迎えもいつもより足取り軽く向かえたような?

一口ランチビールでほろ酔いだったからかもしれないけど。