読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

長岡を更に。地震で沈んだ山古志村。アルパカ。よもぎひら温泉。

美味しいもの。 原発反対 休日 紀行
f:id:toriki841:20140525192437j:plain

2004年の新潟県中越地震で水没した山古志村へ連れて行っていただきました。


f:id:toriki841:20140525194531j:plain

今は水がひいて、水没したというよりまるで地中に家屋が吸い込まれてしまったように見えます。

近くに地物野菜や美味しいお惣菜を売っているお店があり、息子はコンニャクが気に入ってやまほど食べ。

とっても明るい笑顔のおばちゃんが「地震で水脈が変わる前は、子供達が水遊びに来てたのよー」と、話してくれました。

山古志村のマリと三匹の子犬

山古志村のマリと三匹の子犬

山古志村中越地震にまつわるこんな絵本があり、

マリと子犬の物語スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

マリと子犬の物語スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]


映画にもなったそうです。
先ほどあらすじを見ただけで泣けました。
とにかく絵本は買おう。

当時イタリアに住んでいたとはいえ、私は中越地震について知らなさ過ぎ。

柏崎刈羽原発でも事故があったんですね。当時はいったいどのように報道されていたのでしょうか。

東海村臨界事故はイタリアでも大きく報道されて、当時はまだイタリアに住んではいなかったのですが、たまたまその時イタリアにいて、ホームステイ先の家族や、周りの人達に「もう日本に帰れないね」と、散々言われました。
彼らは、今日本にいる私達のことをどう思ってるかな。


中越地震の3年後の2007年には、私の故郷、能登でも大きな地震がありました。


その時もイタリアにいた私は恩師からの電話で地震が起きたことを知り、なんとか家族の無事を確認できました。

しかしその後、イタリアでもテレビのトップニュースで故郷の無残な姿が映し出され、居ても立っても居られない気持ちになったのを思い出します。

ただ、志賀原発の心配などは全くしませんでしたが......。

いつか、その頃のようにバカで考えてなかったから、て理由ではなく、原発の心配をしないで暮らせるようになればいいなあ。
......何回か生まれ変わらないと無理かもしれないけど。



......さて、新緑の長岡。
山古志村アルパカ牧場で、たくさんのアルパカにも会えたし、

f:id:toriki841:20140525213644j:plain

旅館、和泉屋さんで日帰り温泉も。
最高にいいお湯でした!

お食事も美味しかった!

名産のひげにんにく。
f:id:toriki841:20140525214134j:plain

息子がもう一泊したいとうるさかったです。
母ちゃんだってしたいけど!

「闘牛」、「錦鯉」、「大花火」......まだまだ見ていないものがある!!
長岡、また来よう!!!


色々に心を残しつつ、

f:id:toriki841:20140525214551j:plain

仕上げにB級グルメ「フレンド」の”イタリアン”を買って新幹線に乗り込みました。

昨日イタリアから帰国して長岡に直行してきた夫も”イタリアン”堪能(笑)。


たった一日半の滞在でしたが、母ちゃんも、時差ボケ父ちゃんも、はしゃぎすぎで帰りはいつものように荷物カテゴリーの息子も、長岡、満喫しました!