読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

ルナノバ主催、川口リリア「チェネレントラ」終演♪

本番!
ご来場いただいた皆様、共演者の皆様、音楽、舞台を支えてくださった皆様に、一応タイトルロールの母ちゃんシンデレラより、感謝を!!!


舞台は、演出の今井さんが「これまでこんなに楽しかったことはない」と宣った、むしろ怖いくらいの「大成立」でした。

f:id:toriki841:20140929055211j:plain
左より、(偽王子)ダンディーニ/増原英也さん、(意地悪パパ)マニフィコ/畠山茂さん、シンデレラ母ちゃん、(哲学者)アリドーロ/ジョン・ハオさん、(意地悪長女)クロリンダ/川越塔子さん。

f:id:toriki841:20140929060728j:plain
左に増えた(本王子)ラミーロ/大川信之さん、右に増えた(意地悪次女)遠藤千寿子さん。

f:id:toriki841:20140929060757j:plain
私半目だけど辻マエストロと衣装で撮れたのこれだけ!笑

一幕始まりは、リハーサルの時のですがこんな。

f:id:toriki841:20140929062705j:plain
私クッキーやさんかパン屋さん。
姉2人はガウンに下着でセクシーでした♡


舞台、「大成功」ではなく「大成立」と書きました。

常々「大成功」って何だよ、白々しいな、と思うことも多くて(ドッキリ番組みたいだし?笑)。

大きいプロダクションならその白々しさも仕方なしと思うのですが、この、誰かの「掌中の珠」のようなまだまだ若いプロダクション......

「成功」は、天と、主催のみぞ知る(笑)。各々が大切に受け止めて次の「成長」に繋げるのが相応しいのではないか。そう正直に言っても怒られないのではないか(笑)、と思うのです。

もひとつ正直、舞台は「成立」させる方が「成功」よりレアなこともあるし。
(ビジネスなら「成功」>「成立」、婚活なら「成功」=「成立」?笑)

「成立」した舞台をお客様に届けられたことをまず、役者のひとりとして嬉しく思います。

実は当日朝熱が出て、しばらくフラフラしていたところ、母(実母)に「うわー、また?そんなんばっかり」と冷たく虐げられたのもシンデレラ役に上手く入り込むきっかけになったかも......?

あ  り  が  と  う  !!!

(ちなみに、母の中でのそんなん「ばっかり」は柔道家である父が国体前に熱を出した数十年前の話から続いています)。


そして個人的には、この爆笑オペラにおける「詩情」部分をほとんど受け持ち、非常にリリカルに歌わせて貰えたのが幸せでした。

まずはロッシーニ様に、そして、辻博之マエストロ、ピアニストの服部容子さんの深い信頼と愛に大感謝です。


とはいえ、その詩情溢れる装飾的な長いフレーズの数々......私の楽譜には謎の暗号のような数字がいっぱい書いてあるのですけどね。
あるときは拍数、あるときは音数、またあるときは音程だったり、勝手に決めた塊の数だったりするのでメチャメチャなんですが、自分ではその数字をまず覚えないと歌えない、大切な暗号!(笑)

まあ、「音楽」と「数学」は近いところにある芸術ですから?!?



そんなこんなで、数を数えてる間に終わった「チェネレントラ」の公演(嘘ですよ。笑)。


「若いプロダクション」と言いましても、普段はそれこそ巨大プロダクションでのプリモ、プリマである歌手、あとちょっとでそうなる歌手が集まっていて、うっかり油断して聴きに来てくださった方々は大変驚いてました。


今回主催のルナノバさん、第6回公演ということで、第7回もお楽しみに!


そして来月にはこのような催しもあるそうです。

f:id:toriki841:20140929081239j:plain
f:id:toriki841:20140929081049j:plain

1日豪華二本立て。

女声の回には大学時代からのお付き合いの佐藤篤子さんや、メゾでギョーザ好き仲間の福間章子さん、男声の回には、「滝の白糸」での私の息子役「欣ちゃん」こと高柳圭さんがご出演。

私も行きたいなあと思っております。

ご予約先はこちらに。


場所も素敵です。

ぜひ!