読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

杉並公会堂。10月26日(日)。音楽と算数。

出演情報 歌手の頭の中
f:id:toriki841:20141015160430j:plainf:id:toriki841:20141015160439j:plain

次回の母ちゃん出演オススメ公演はこちらです。

帝国ホテルディナーの方はすでに満席で、お問い合わせいただいた方々には申し訳ありませんでした...。
またどこかで歌います、シャンソン。
なんならご一緒にカラオケでも(笑)。


さて、こちらの、《杉並リリカ設立記念ガラ・コンサート》

チラシを拡大してよく見ていただきたいのですが、最近のオペラ歌手、どんどん麗しい方が増えております。
あ、ピアニストも!ですね。

あっこちゃん(佐藤亜希子さん)、あいこちゃん(藤原藍子さん)が可愛くてたまらないのはお馴染みですが♡

初めてご一緒させていただく、ソプラノの鈴木玲奈さん、前田洋子さん、松久果央梨さん。
彼女らがまた、桐谷美玲鈴木京香北川景子?!という美人ぞろいなのですよ。

(......そして、決して私のようにフォトグラファーマジックではありません)。



まあまあ、それはさておきまして。
演奏の内容もこちら、たいへん華やかです。
2000円でこんなに聴かせて、むしろご迷惑ではないかと思うほど!?


さて、私が歌う予定の数曲のうち、一曲が、チレア作曲のオペラ《アドリアーナ・ルクヴルール》より、ブイヨン公妃の「苦い喜び、甘い苦しみ」という、ドラマティックなアリアです。

タイトルからもお感じになられると思いますが、テキストがちょっぴり「ベタ」いや、「ベタベタ」?な感じなんですが、音楽的にはたいへん歌い甲斐のある曲。


特に私のお気に入りポイントは前奏!!
(歌ってないとこ!!!笑)

文字で書くのも難しいのですが、歌い出しに向かってだんだん音が高くなりつつ、

ダダダーン!ダダダーン!ダダダーン!

みたいな音形が6回繰り返されます。
音を聞いていたら入れるんですが、万が一余計なことを考えたりして(夕飯何にしようかな、とか)入り間違えないように、私は頭の片隅で数を数えています。

ダダダーン!(いち)ダダダーン!(に)ダダダーン!(さん)ダダダーン!(し)ダダダーン!(ご)ダダダーン!(ろく)

ダン!!(なな)

と、7を数えた直後が歌い出し。


この、「歌を歌うときに数を数える」というのは、私の経験上ですが、日本人の先生には一度も勧められませんでした。


(勧める先生もいるかもしれないので、あくまでも個人的な話です。)


イタリアに行って、コレペティ(歌手をトレーニングするピアニスト)に、「前奏、間奏では、入り間違えないように数を数える」という作戦(?)を教えてもらったときは、まさに目から鱗でした...。


しかも、「これが歌手の数え方だよ」と、半笑いで教えてくれたのは(イタリアでは歌手は”音楽家”ではないので特殊に思われています......バカにされてるとも言います......)、全く小節線などを無視し、自分の歌い終わりから、次の歌い出しまでをとにかく、いち、に、さん......と数える方法。

オペラなどでは下手したら三桁とか数えるわけです(笑)。

まあ、相手役を信じるなら相手の歌い終わりから数えても良いし、指揮者がサインをくれると信じるなら全然数えなくてもいいんですけどね。

私はさすがに三桁とかは数えませんが、数える方に会ったことはあります。


他にも、歌っていない間の拍ではなく、自分が何度も同じ音形を歌う時にもそれを歌いながら数えたりもします。
この間やった《チェネレントラ》のように、何種類ものなが〜い装飾的なフレーズがある場合には、音の数を分かりやすく割って例えば4・4・4上がって6・6・3下りる、なんて感じに覚えて数えたり。


今では自分にとってあまりにも当たり前なので、「数えない」って人がいたらびっくりしそうなくらいなんですが、初めて教えられた時には、なんとなく「数なんて数えていたら、歌に集中してない、てことじゃないの?」と思ったのも覚えています。
でも、数くらいそれこそ頭のほんの片隅で数えられるので、そのために演技や歌唱が阻害されるとは、私は思ってません。
......でも、うーん、真剣に数えるのはやはり稽古中までで、本番は無心な気もするし......。

正解は分かりませんけど。


少なくとも私が出会った三桁でも数える男性歌手の方は、歌っていないときの佇まいがものすごくかっこいい人でした(笑)。


そんなわけで、「今、数えてるんだー」と思って欲しいわけでは決してないのですが、かっこいい前奏のアリアを歌う母ちゃんを、ぜひ聴きに来てくださいませ!

杉並公会堂大ホール、10月26日(日)19時開演です!!