読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

ベートーヴェン「荘厳ミサ」石川県立音楽堂。


f:id:toriki841:20141223090729j:plain

新幹線がやってくる!ヤァ!ヤァ!ヤァ!

と盛り上がる金沢にて。

石川県立音楽堂は金沢駅から2分くらいのホールです。


さて、この石川県音楽文化協会の『年末公演』、先日「北陸新幹線開業90日前」にあった「第九」と、今夜の「荘厳ミサ」のセットで、なんと今年が第52回。

金沢での年末は、「第九」だけでなく、「荘厳ミサ」も風物詩。

むしろ私の知り合いなんかは、(第九だと私の声があんまり聴こえないから?)、毎年「荘厳ミサ」の方にだけ来ていたり。


第九ももちろん名曲ですが、この「荘厳ミサ(ミサ・ソレムニス)」、ソロも、合唱も、本当に歌い甲斐がある大曲。

まだまだ、第100回、200回と!続いて欲しいこの「金沢年末公演」。
昨日のリハーサルで合唱団の方々を見渡したら、どうもあと50回出れそうな人は少なめだったので(笑)、ここらで若者にも多く参加して欲しいなあ、なんて気もしました。

新幹線がやってきたら金沢がぐんと近くなりますし、私や他の歌手たちも、これまで14年のご恩返しに、練習に参加して皆様のお役に立ちたいとも思っておりますので、「第九」と「ミサソレ」歌ってみたいなあ、と思われたお近くの方、「石川県音楽文化協会」へご連絡下さい!


そんなことを考えながら、いつもの金沢ニューグランドホテルの朝食で、1日遅れのかぼちゃ。

f:id:toriki841:20141223102025j:plain

先日は雪景色だった尾山神社も、今日はこんな感じ。

f:id:toriki841:20141223102158j:plain



しかし、私の胸に吹きすさぶのは雪よりも冷たい寂寥感......。

いつもは「しとしとぴっちゃん」子連れメゾソプラノ母ちゃんな私。
今回はあまりにもタイトな移動スケジュールのため「過酷ちゃん」こと、我が息子が、父ちゃんと東京でお留守番なのです。

f:id:toriki841:20141223102752j:plain

ゲヘゲヘ笑いながらスーツケースにしがみつく「妖怪過酷ちゃん」。

あいつがいないとこんなに寂しいなんて!!

でも、反面、嬉しい自由時間!!(笑)

これから本番前リハーサルまでの半日、どうやって満喫するか、ワクワクもしている母ちゃんでした。