読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

特急「はくたか」を惜しみつつ。

紀行
越後湯沢におります。


本日は、長年お世話になった方の追悼式のため、金沢へ、母ちゃん一人旅(日帰り)。

飛行機はもう一生分乗った気がして、空路より断然陸路な私。
鉄ちゃん(鉄子)というほどではないけど......ちょっと好きです(笑)。

もう8、9年前になりますが、イタリア、ブラ市に住んでいた時、「Da Cortile A Cortile」という街歩き、食べ歩きイベント
(楽しいですよ! 
Da Cortile A Cortile | Turismo in Bra) に合わせてトリノからやってくるSLのポーーーという汽笛を聴いて慌てて家を飛び出したウキウキをいまだ忘れません。


東京から金沢まで約4時間半、実家の七尾までだとさらに1時間半から、乗り換え時間を含めて2時間くらいかかるので、

新幹線はまだか!

と思う気持ちはもちろんずっとありましたが、いざ、本当に新幹線開通が秒読みとなると......



長年乗り続けた上越新幹線と、特に、3月13日がラストランとなる特急「はくたか」の思い出が、走馬灯のように脳裏に映し出されます。


大学時代いつも友人ルッチ(イタリア人ではなくあだ名です)と帰省した思い出や。

乗り換え設定時間がギリギリのため、少し遅れると素通り御免になる改札。

オブラスツォワ先生とも乗ったなあ。

息子が生まれてからはいっぱい二人旅をしました。
越後湯沢で唐突に現れる雪景色に狂気乱舞する息子。
心の中で「寝てしまえ〜」の呪文を唱えながらも、楽しく一緒に本を読んだり、しりとりしたり。
山中を走る「はくたか」の絶妙な揺れ具合と、胎内を思わせる(たぶん)トンネル内の暗さとゴーーという音に誘われ、ついに息子が眠りに落ちたときの安堵感(周りの乗客の方々含む。笑)。



名残惜しさから、ついつい色々写真を撮ってしまいましたが、周りにも同じ気持ちの方々が多数!!

f:id:toriki841:20150125111035j:plain

こんなとこ撮ってる人は他にいませんでしたが...(笑)

f:id:toriki841:20150125111037j:plain

f:id:toriki841:20150125111039j:plain

3月にまた乗る予定だけど、もしかしたら「はくたか」を惜しむ全世界の人で予約殺到してるかな??

早めに切符買わなくては!!!