読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

G.W.は二大プリマと。

出演情報 愉快な友人 稽古日誌
以前、超人気パンや&カフェ店主さんと、

ドラえもんのヒミツ道具で欲しいものは何か」

という話をしていた折、

「お客さんがばらけて来てくれるようになる道具が欲しい」

という、オリジナルヒミツ道具をあげておられましたが...。
(「もしもボックス」で対応可能?」)


せっかく来てくれたお客さんを長く待たせたり、目当てのパンが無くてがっかりされたりするのはやっぱ嫌なもんなんだろうな。
遠くから来る人もいるし。



私たち、オペラ歌手にも似たような気持ちはあります。

「出演依頼がいい感じにばらけてくる道具」
があれば......。

まあ、365日ずーーーっと忙しいような方は、仕事をお断りするのも慣れているだろうし、あんまり感じないかもしれませんが。

私のように暇な時は暇で、息子と力いっぱいダラダラしてるような母ちゃんメゾソプラノといたしましては(もちろん息子との時間も超大事です!笑)、せっかく私に歌ってもらおう、と思って下さった方に「無理です」と言うのはかーなーり心苦しい...。


そんなわけで、全国的に素敵な公演がめじろおしなG.W.シーズン。
どうしても引き受けられず残念だった演奏会もありつつ、オペラ2作品を同時進行中。


藤原歌劇団、さらには日本が誇る

「二大(高身長)美形ソプラノ」

主演の、



(ちなみにこの鏡をくぐると稽古の疲れが取れます)。


並びに、





となっております。

f:id:toriki841:20150410171209j:plain

本日の稽古にて。
蝶々さん役、小川里美さんと。

ポニョのママというか。そのもの天海祐希さんというか(笑)。


どちらのオペラも、プリマドンナに人を得なければ!というオペラの代表格。
お二人の大型ソプラノは、非常に「ハイレベル」な歌唱とお姿をみせてくれることでしょう!


お二人を相手にフローラ、スズキを演じる母ちゃんは、本日稽古場のハシゴ。

先に済んだ蝶々夫人の稽古場では、先だって私にこちらの、

「蟻々夫人」...ではなく「蝶々夫人」。 - mezzosoprano 鳥木弥生blog


《蟻々夫人(ありありふじん)》のチラシとチケットを送ってくれた方(笑)と、初対面!!

「あんな間違いをして、恥ずかしくて、穴があったら入りたいです」

とおっしゃる彼女の言葉を、

(蟻の巣)穴があったら......」

と脳内変換してニヤニヤしてしまったのでした......。