読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

銀座オペラ初日。愛しい◯◯◯との邂逅!

銀座オペラ蝶々夫人初日、終演しました!!


明日当日券が出る模様ですので、ぜひ、お見逃しなく!!


今回の公演への想いなど、主演の小川里美さんが割と語り尽くされていたので、まず、引用しちゃいます。


今、実は明日の公演での更なるステップアップを目指し、今日の公演の録音を聴きながら帰宅中なんですが、里美さん始め、共演者のみなさん、素敵です。

通称「鉄のイノシシ」、ステージアを操る清水のりこさんのひとりオーケストラも絶好調!

ラフォルジュルネ金沢「オペラの愉しみ」銀座オペラ「イル•トロヴァトーレ」初顔合わせ! - mezzosoprano 鳥木弥生blog


母ちゃんも、まあまあです(笑)。

総括はまた明日の舞台が終わったら、と思いますが、今回嬉しかったことのひとつが、思いがけないアイツとの再会。

その、アイツとは!

f:id:toriki841:20150501231531j:plain

結い直されて、白髪が抜かれているのですが(笑)、実はこちら、オペラ《滝の白糸》で、母ちゃんが村越欣弥の母ちゃん役を歌ったときのもの。

f:id:toriki841:20150501232217j:plain
オペラ《滝の白糸》作曲者、千住明さんと。

このとき、本当にこのカツラのしっくり具合が気に入り、終演後の挨拶で、まず「またあのカツラを被りたい!」と話したのを覚えています(笑)

《滝の白糸》再演でまた......と思っていたら、思いがけず銀座で再会と相成り、なんだか非常に気持ちが盛り上がりました!

あと、小さい頃から姉達にも爆笑され、「なんでそんなに生えてんの?!」と嘲笑の的だった私の後れ毛なんですが......。

f:id:toriki841:20150501233719j:plain

今回、素敵な母ちゃん用カツラをキープしてくれていた「丸善」さんに、スズキ役や《滝の白糸》における母ちゃん役のような役のときには、カツラから自然にはみでる本人の後れ毛が非常に「役に立つのさ!」
と褒められたのです!!!

長年のコンプレックスが昇華され、

「真っ赤なお鼻のトナカイさん」

ならぬ、

「ゴッソリ後れ毛の母ちゃん」

まさに、今宵こそはと喜びました♪

とさ。

さて、明日も愛しいカツラちゃんと共にしっかりがんばるぞー!

銀ブラ&銀座オペラ、明日のイチオシな過ごし方です!!