読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

遠くと、近く。

Twitter ジュニアミュージカル 観劇 打ち上げ! 愉快な友人 思い出。 美味しいもの。 母ちゃん。

突然ですが。

人生はシーソーだ!!

...と、仮に、言い切ってみます。

バランスが取れている状態を楽しんだり、ギッタンバッタンを楽しんだり。

どちらにしても、偏ってしまったら止まったきり。シーソーに乗ってる意味が無い。

しかし、バランスがとれている状態が決して安定している状態ではなく、むしろ反対側に乗っかってるものを捨てて、偏ってしまった方が楽だったりもする......。

f:id:toriki841:20160606131750j:image

いやいや、母ちゃん、彼は捨てませんよ!(笑)

これはサバデイで住んでいたアパートの近所の公園。

到着。〜サバデイ日記1 - mezzosoprano 鳥木弥生blog

アデウ、サバデイ!〜サバデイ日記20 - mezzosoprano 鳥木弥生blog

(20話?もあって、我ながらびっくり!)

一応バルセロナの一部とはいえ、あまりみんなが行く場所ではない、サバデイ。今いる東京の西の方の街からしてみたら、かなり遠い場所。飛行機や電車を乗り継いでかわるがわる、わざわざ来てくれた小川里美さん他、数名の友人たち、そして家族には「あははは、なんでこんなとこにいるの?」と、言いたくなり......いやいや、大感謝でした!(笑)

友、まあまあ遠方より来たる。〜サバデイ日記17 - mezzosoprano 鳥木弥生blog


そんな地の果てから(嘘です)帰ってきて。


昨日は、ママ友たちと最寄駅で待ち合わせ、私の居住地からほど近い、東大和市へ、多摩ジュニア・ミュージカルの子供達も出演する《オズの魔法使い》を観に。

日時をきいて行くことだけはかなり前から決めていたのだけど、しっかりチラシも見ておらず。電車の中で眺めてみたら。

多摩ジュニア・ミュージカルのメイン講師、押川浩士さん。うん。確か私よりは1、2歳若いかもしれないけど、お兄さん、ね(笑)

そして、私の目を釘付けにしたのはもうひとりの「ヒロシ」さん。

案山子役が、テノールの持木弘さん!!

同じ藤原歌劇団所属で何度か共演もさせていただきましたが、年代も違うし、今は田舎暮らしで普段は農業もされているというミステリアスな存在で、ある意味レアキャラ?(笑)

いい声すぎて、演技の間が良すぎて、力が抜けすぎてて、意外とおしゃれでハンサムで(笑)、とにかく私としては、目を丸く、または♡型にして見つめ続けてしまう存在。

昨日はそれすらも通り過ぎて、案山子姿で登場した表情を見たとたん、可笑しいのと嬉しいので涙ぐんでしまい、歌い出したらもう、号泣!

私、疲れてるのか?...とも思いましたが(笑)。

しかし、隣にいたママ友も泣くほど笑ってたし、出演したTJMの子供やそのママもやっぱり案山子さんファンだったそうなので、私だけがおかしいわけでは無いのです。

そんな、案山子さんだけでも価値ある公演だったのですが、他のキャストの方々も芸達者で、役のイメージぴったりで、そして何より曲と脚本がなんとも良くて!

すごーーーく楽しめました。

我らが「歌のお兄さん役」のおっしーも、実はタイトルロールでもあり、大活躍。

f:id:toriki841:20160606201927j:image

「オズの魔法使い」オズとは!?|oshikawahiroshiのブログ

(おっしーブログもぜひ。戦慄の演出のお話)。


さて、公演後もマイホームマイライフ(笑)。

まずは近所のシダックスでカラオケ打ち上げを(私は仕事してないけど)、仲良し音楽一家と。

私が歌ったのはもちろん「案山子」(さだまさし)!!

そして夜は、私がずっと続けたいなあ、と思っている、他とはひと味もふた味も違うオペラコンサートシリーズ《街にオペラがやってくる》(あるいは人呼んで《成城オペラ》)次回作の打ち合わせ。

「街にオペラがやってくる!Vol.1」あっという間に終演。 - mezzosoprano 鳥木弥生blog

振り返り。「街オペvol.2」etc. - mezzosoprano 鳥木弥生blog

f:id:toriki841:20160606205017j:image

ブリーズノート壷井さん、ソプラノ山口佳子さん、オズの魔法使いさんこと、おっしーも再び合流。

コンサートがやってくる! - 出前コンサートのブリーズノート

場所は私のホーム、西国分寺。高知、長崎から直送のお魚が食べれる居酒屋まるひで

美味しくてペロペロ食べたので写真はありません!

締めで食べた、まるひでから徒歩30秒のダンダダン酒場の餃子写真なら!

f:id:toriki841:20160606211324j:image

はて、肝心の打ち合わせ内容は...(笑)

第1弾カルメン、第2弾ウェルテル、と、大好きなフランスオペラを歌わせていただき、第3弾は更に私好み、私ならでは?の、マニアックなフランスオペラを歌わせていただくかも、かも......。

実は第4弾以降、その他、このメンバーでやりたいコンサート?出し物?もう、なんと言ったらいいのか分からないエンターテイメントのアイディアも続々と湧き出し、何から始めていいか、冷静に考えねばならないようです!!


夜も更け、みんなを見送り、気は置けないけど刺激はくれる、そんな人々がそばにいるのは非常にラッキーだなあ、と、しみじみ、いい気分で、自宅まで約10分。

1日近所で幸せに過ごして、ほろ酔いであっと言う間に帰宅。最高の気分でした。

近所を満喫し、まだ時差ぼけはすこーし残ってるけど、ようやくシーソーのバランスがとれてきた感じ。

またしばらくしたら、遠くに行きたくなったりするんだろうけど。

地に足をつけたり、地を蹴って弾んだり、フワフワしたり......そんな人生を、なるべく人様に迷惑をかけずに(急にハードルが高くなる。笑)!送りたいなあ、と思う、母ちゃんでした。