読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

川口リリア・バースデーガラコンサート!

f:id:toriki841:20160710062044j:image

こんなコンサートになるとは思いませんでした(笑)。

いやー、楽しかった!!

当日初めてお目にかかった天満さんのとんでもない(良い意味で)キャラクターを知らなかった、というのがまず大きいわけですが。

打ち合わせからひとり真面目に話を勧めてくれ、このメンバーの「理性」を自負するバリトンの須藤慎吾さんが、前日リハのときに、

「いや、これはいいコンサートになる気がしてきた」

と、言い始めたときも、「まあ、そうかもねー」くらいな気持ちでした。

 

私はこのリリア音楽ホールで、昨年《アルジェのイタリア女》、一昨年《チェネレントラ》と、ロッシーニオペラを歌ったのですが、何故か気付いていなかったのが、このホールの響きの良さ。

そして、セット無しで見る舞台、ホールの雰囲気も素晴らしい。

 

プログラムはこんな感じでした。

f:id:toriki841:20160710231156j:image

 最終的に曲の並びなどは誰が決めたのか分からないんですが(笑)、まさかのテノールグラナダ始まり。

ちなみに、オペラ歌手が何人か集まった場合の定石は、低い声から順番に出て行く、です。

2部のオペラコーナーはちゃんとそうなってますね。

なってますが、サムソンとダリラ〜タイース愛の妙薬、のしっとり3連続とか、なかなか挑戦的な感じ(笑)

あと、フランスDuo二連続も!

しかし、案ずるより産むが易し。

しっとり曲も、華やか曲も、満席のお客様方はしっかり受け止め、拍手や声援を下さいました!

オペラファンのお客様も多かったのかな?

 

合間合間には、それぞれの自己紹介的なトークも挟み、さらに、天満さんの代名詞「望郷のバラード」の前には、「教えて天満さん」と、テノールの西村悟さんが勝手にコーナー名をつけた、西村さん、小川里美さんによるインタビューも。

これがまた、ものの5分くらいだったと思いますが、30分くらい時間をとっても良かったんじゃないか、てくらい面白くて...。

インタビュアー西村氏(テノール)が、天満さんの愛器ストラドのことや、「望郷のバラード」の版権、演奏権に絡めて金銭がらみの質問ばかりするので、スペインでペルー人のテノールに聞いたこの笑い話を思い出しました。

 

 

西村さんとはオペラでしかご一緒したことが無かったので、トークを聴いたり、自由演技(笑)を見たりしたのは今回が初めてだったんですが、その軽妙さとフリーダムぶりは、天満さんに迫るものがあり...。

f:id:toriki841:20160710100747j:image

(つい、テノールをつい白い目で見てしまうメゾソプラノ、の現場)

小川里美嬢に至っては、本番中に西村さんに急に手を取られ、踊らされて、バッチリ動揺していたのがまた、超可愛くて楽しかったです。

f:id:toriki841:20160710101252j:image

本番後にセルフパロディ(笑)

 ちなみに、天満さんが特別小さいわけではなく、藍子ちゃんすらも小さめに見えますが、小さいわけではなく、歌手たちが大きいのです。

一昨日くらいからずっとユニット名を考えているんですが、まだこれぞ、というのは無く。 

f:id:toriki841:20160710105135j:image

天満敦子と〇〇〇〇

みたいな。

 

そんなこんな、楽しいコンサート。

我らがピアニスト藤原藍子さんも、天満さん、そして我々4人を名サポート。ソロもあれば良かったのに!!と、今更...。

 

私はサマータイムとダリラ、という曲目で、あ!あのドレスがあった!と、思いついたのが、このトラ柄。

あった!というか、お友達ソプラノ、山口佳子ちゃんのうちにある、山口佳子ちゃんのドレスなんですけどね(笑)。

私と佳子ちゃんのドレス、貸し借りしすぎて入り乱れ状態。

この虎ドレスなんて、まだ佳子ちゃんは着たこと無いし。私のドレスでも、私が絶対着れないからずっと佳子ちゃんちにあるものも。

 

つまり、私とドレスを貸し借りする佳子ちゃんも藤原歌劇団、長身組のひとりなんですが。

このコンサートの打ち合わせの時に思いついたこれ。

プラス、佳子ちゃんのデスピーナで「藤原歌劇団の大きい方の人たち」による大人Così fan tutte完成!

あ、バスが足りない...。大きい人募集中です(笑)。

 

そして、気持ちよく歌ったあとは、気持ちよく飲み食いしたいもの(笑)。

今回も、小川里美打ち上げ部長のリサーチが大ヒット。

ちょっと、人には教えたくないほどのお店かも...。なので、店名は書きません!

こだわりの自然派ワイン、日本酒も充実。

北海道、石川などから直送の海産物も美味ければ、肉類も美味い!

 f:id:toriki841:20160710232316j:image

こちらは、フォアグラと玉子の土鍋ご飯...。

どうなっちゃってんの?てくらい美味しかったです。

また行きたい!!しかし、川口に用事が無い!!(笑)。

リリアさま、またよろしくお願いいたします!!!

 

 

さてさて、来週からはいよいよ《カプレーティ家とモンテッキ家》の稽古も開始。

ロミオとジュリエットの、運命の恋!

(イタリア語だとロメオとジュリエッタ)

熱い夏になりそうです!!

藤原歌劇団公演「カプレーティ家とモンテッキ家 I Capuleti e i Montecchi」2016年9月10日・11日 | JOF 公益財団法人日本オペラ振興会