読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

藤原歌劇団《カプレーティ家とモンテッキ家》開幕!!

さあ、いよいよ、初日幕開け!

出番が明日の私は本日自宅待機ですが...。

とりあえず期間限定でSNSプロフィール写真などを、こちらのロメオin楽屋バージョンにしてみました!!

f:id:toriki841:20160910084838j:image

今回の公演では、ファンサービスも色々考えられていまして(ファン、いてくれますように。笑)、サイン付きポートレイト(舞台での写真)の販売や、あとこれ、言っていいのかな?帰りにお客様のお見送りも予定されています!!

 

ポートレイトはごく少数枚となっておりますので、ご希望の方はお早めに。

ロメオ姿の私と会ってみたいと思ってくださる方は、ぜひ終演後、少しホワイエにてお待ちくださいませ。

 

告白?しますと、私はどちらかというと職人肌というか、舞台上ではあるべき姿であろうと思いますが、実態はさほど華やかな方ではないので(笑)、近くで見たからって皆様に喜んでいただける自信はありませんが!!皆様にお越しいただけた感謝を直接伝えるチャンスとして、楽しみにしています!

 

昨日はGPで、少しお客様もいらっしゃいましたし、本番とほぼ同じ条件でロメオを歌い、演じました。

本番、芝居、音楽的なこと以外で、さらに男らしくあるために、ひとつ変えたほうがいいかな、と思っていることがあって。今日そのために買い物に出るか迷っているところです。

イタリア語で言うと、すごくintimo(インティモ)なことです。「内的な」という意味で音楽用語としても使われる言葉ですが、翻訳して別の意味をみたら私が何を変えようとしているか分かるかも(笑)。

それに関連しまして...。

 お題「私のカバンの中身」

たまに質問されるのですが、衣装が自前だったりするコンサートと違い、オペラの時は基本、衣装さんやメイクさんに全てやっていただくし、基本的に手ぶらで劇場に入っても大丈夫。

メイク落としなどもしっかり準備されております。

とはいえ、やはり終演後普通のメイクをしたかったりしたら自分のメイク道具が必要だったり、いただいた差し入れを運ぶためとか、まずもって楽譜が重かったりで(覚えたら持たない、という強者もいますが)、結局スーツケースをガラガラ運んでいたりします。

 

そして、打ち上げで盛り上がりすぎてお店や電車にスーツケースとか花とかを置き忘れたり......も、あるある。

まあ、帰りのことはいいや。

とりあえず明日はチケットトラブルだけ無いようにしよう!(トラウマ...)

 江副記念財団45周年記念コンサート&藤原歌劇団《カプレーティ家とモンテッキ家》GP - mezzosoprano 鳥木弥生blog

 

昨日のGPには里美ちゃんと佳子ちゃんも応援に来てくれて。 

二人とも、差し入れもありがとうーー!!

 

つらつらと色々書きましたが、最後に。

明日観に来ていただける皆様に、ひとことイタリア語講座を(笑)。

昨日歌いながら、ロメオ、よくこの言葉使うなあ、と思ったひとこと。

”Vieni”

ヴィエーニ、と発音しまして、動詞venire(来る。英語で言うとcome)の二人称単数、または二人称命令形。

歌詞にあるのはほぼ命令形かな。

ジュリエッタに対して、一緒に外の世界に逃げよう、または、僕の元へおいで、なんてことを言うときにいっぱい言います。

あとは、恋敵テバルドにも決闘のシーンで。

その場合は、もちろん「おいで...」ではなく(笑)「かかって来い!!」ですね。

 

そんな、時には優しく、時には激しいVieniを聴いていただけたらと思います。

 

JOF Blog 舞台裏レポート | JOF 公益財団法人日本オペラ振興会

これまでの稽古ブログなども、まだご覧になっていない方はぜひ!

 

 それでは、明日、新国立劇場でお待ちしております!!