読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

「アントニ・ヴィト&読売日本交響楽団」フランス尽くしのコンサート、終演!

お題「芸術の秋」

 

東京芸術劇場、世界のマエストロシリーズvol.4「アントニ・ヴィト&読売日本交響楽団」 - mezzosoprano 鳥木弥生blog

残念ながら先週末が終わってしまいました...。

麗しのフォーレ&フランス音楽の日々...。

 f:id:toriki841:20161030114308j:image

終演後、マエストロ・ヴィトと。

急な代役にも関わらず、プログラムを一曲たりとも変えず...。特に私が歌った”メリザンドの歌”はめったに演奏されない曲で、マエストロも初だったとか、洩れ聞きました。

プログラムはこちら。

f:id:toriki841:20161030173559j:image

フォーレの《ペレアスとメリザンド》を、この”メリザンドの歌”を入れたバージョンで、と、冒険?して下さった東京芸術劇場さま、それをOKしてくれたマエストロ・プラッソン(元気になってください!!)、歌うのは私がいいんじゃないかと思いついて下さった方、緊急事態にそのままのプログラムを引き受けて下さったマエストロ・ヴィト、もちろん共演の読売日本交響楽団さま、聴きに来て下さった皆さま、感謝すべき方々が多すぎてどこに足向けて寝ていいか分かりません!!

 

リハーサル中、マエストロ・ヴィトが”メリザンドの歌”を「大丈夫、好きに歌って!誰も知らないから」なんて言ったりもしたんですが!(さすがマエストロWit!笑)、残念ながら?この、フォーレの《ペレアスとメリザンド》、こちらの名盤にしっかり”メリザンドの歌”が入っているし、誰も知らなくはないのですよー。笑

フォーレ:「ペレアスとメリザンド」(管弦楽曲集 2)

フォーレ:「ペレアスとメリザンド」(管弦楽曲集 2)

 

私もこれ、当然持っておりまして、密かにマエストロ・プラッソンにサイン貰おう〜、とかミーハーなことを思っていたので残念でしたが...。

 

しかし、代役でまさかのこの巨匠。

(まあ、世界のマエストロシリーズなわけで、意地でも巨匠を探し出さねば、というのはあったと思いますが)。

老...ではなく、人生の大先輩指揮者好きな私としてはたいへん良い思いをさせていただきました!!

 

そうそう、そんな老...ではなく人生の大先輩指揮者好きな私が12月に挑むのは、こちらのコンサート!このマエストロ!!

ヴィト氏より16歳上のゼッダ翁!いや、ゼッダ神!?

f:id:toriki841:20161031161022j:imagef:id:toriki841:20161031161029j:image

ぜひぜひお越しください...。

 

話を戻しまして...。

ゼッダ氏に比べればまだまだお若いヴィト氏。「華のある職人」と言った風情のマエストロでした。

 

 「歌手」も「歌手」としてではなく、組曲のいち構成要素として(ある意味楽器のように)存在して欲しい、という意図を、はっきりそう言われたわけではないながら空気が読めるメゾソプラノでお馴染みの私、完全に理解しました(笑)。

1st.バイオリンと2nd.バイオリンの間、という初めてのポジションで《ペレアスとメリザンド》曲中、歌う前、歌ったあとも待機。

”メリザンドの歌”の時だけマエストロの真横に歩み出て歌う、という、段取り。

この色で黒尽くめのオケ中にいるので落ち着かないといえば、かなり落ちつかない...。

待つ間の椅子の角度もしっかりマエストロ向きだし、目が合いまくり(笑)。

あとで友人知人数名に「待ってる姿勢が異様に良かった。笑」と突っ込まれましたが、最初、かなり緊張してましたから!!

途中からかなり慣れてその珍しい位置から聴くオーケストラの音に酔い始めて「なんか変なこと考えてたでしょ?恍惚としてたよ」という鋭い?!指摘もいただいたり...。

翌日フラメンコの先輩にその話をしたら「パルマ(フラメンコの手拍子)叩くわけでもないのにねえ」と言われましたが、まさにパルマ叩くとしか思えない佇まいだったと思います、我ながら。

f:id:toriki841:20161031201617j:image

(参考)

 

一応ソリストとしてマエストロと一緒に最後に舞台に出たものの、歌手が普段座るようなところでないところに私が座ったので、たぶんお客様の中にも「まさかあの位置から歌うのかな?」とか、 思った方がいるかも。

というのも、私が歌うために前に出たら、明らかに「そうだよね」と、ほっとした顔をした人がたくさんいたから(笑)。

とてもゆっくりな曲だからか、会場全体と一緒に呼吸をしているような一体感も感じました。

いくら「楽器でいよう」と思っても、やはり良くも悪くも...歌手は歌手なんだなあ、と思ったり。

あまりにも「楽器ではない」歌手にはなりたくないな、という気持ちは昔からあるんですけど。バランスですねえ、何事も。

ともかく!

良い経験をさせていただきました!!

 

本番から2日たち、まだまだシャワー下で口ずさむのは”メリザンドの歌”。

ちなみに歌詞は意外にも英語で。

”The King's three blind daughters”

(三人の盲目の王女が)

とてもミステリアスで美しい曲。

また歌う機会があるといいなあ!

 

 

さてさて、先ほど12月1日の公演のチラシを出しましたが、その前に、石川県七尾市での公演があります。

オーケストラアンサンブル金沢さま、テノール西村さんとは何度も共演させていただいていますが、垣内マエストロとは初共演。

札幌に旅立つ直前、お忙しいところを打ち合わせに寄っていただき、初めてお会いしたのに、なんだか前から存じ上げているかのように思わせてくださる穏やかさで、この方なら私の田舎、ど田舎の「七尾」を楽しんでくださるに違いない、と、ほっとした次第でした。

テノール様は大丈夫かなあーーー(笑)。

もちろん私も歌いに行くんですけど、おもてなしもしなければ、という気持ちになるのは超地元だからかな...。

ナマコとかクチコとか、花嫁のれんとか、好きかな?みんな...。

 

私も久々に地元、和倉温泉の湯に浸かりたい!

この機会にぜひ、新幹線と在来線を乗り継いで能登、七尾へいらっしゃいませんか?

 

お待ちしております。