読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

入間第九と熊本第九。

Twitter はてなブログ 打ち上げ! 愉快な友人 思い出。 家族 本番! 紀行

お題「好きな街」

 

現在、熊本での本番納めを終え、えっちらおっちら、6時間かけて新幹線で帰京中。

4時間は済んで、あと2時間ですけどね。

行きは飛行機だったんですが、石川県からの里帰りを兼ねて熊本で合流した母と、帰りは新大阪まで一緒に旅しましょう、てことで、新幹線。

こげんこつ長か旅とは(笑)!

いや、前にも何度かやってるし、もちろん知ってるんですけど、本番翌日で、あちらでは何だか感極まり通しであんまり眠れなくて、といつ、様々な状況下により...。

 

ちなみに去年は北で仕事納めだったんですねー。

いちのせき《第九》。2015仕事納め!! - mezzosoprano 鳥木弥生blog

今年は南の熊本で納めて。

次は土佐?なんて書いてましたが、順番的には次は北納めかな??

熊本より、メリークリスマス!!(多摩ジュニア・ミュージカル、クリスマス会!) - mezzosoprano 鳥木弥生blog

 

大感動だった熊本第九の前に、書きそびれていた少し前の、入間第九の話も...。

いや、入間では感動が無かったとか、そんなでは無いのですが!!やはり今年熊本に第九を歌いに行けたことは特別で。すみません(笑)。

 

とはいえ、入間市第九も、来年からは校舎が全面移転し、通う事もなくなる母校のホールで最後に歌えたという感慨もあり。(会場だったバッハザールは残るようですが)。

その上、市制施行50周年!!!

打ち上げではとってもお話上手で偉ぶらない、爽やかな市長さんともお会いできました。いいぞー、入間市!!!

週2で通う入間市での宿泊、という珍しい経験もさせていただき、食いしん坊のソプラノ伊藤晴ちゃん、モコミチくらい小顔でスタイルが良く横に並びたくないテノールNo.1古橋郷平さんとの親交も楽しく。

バリトン谷友博先輩はご近所さんのため宿泊はご一緒しませんでしたが(笑)晴ちゃんと共に先日のオーチャードに続く共演で、堂々の美声にまた改めて聴き惚れました〜。

 

昨年参加の「所沢第九」に続き、衣装屋さんのマーガレットさんによる貸与付きだったので、また普段着ない感じのドレスを着れたのも楽しかったです!!

音大生・音楽家専門 レンタルドレス マーガレット

 

さてさて、そんなマーガレットの肝っ玉ママとも実は熊本ルーツ繋がりなんですが。 

 

第33回熊本県民第九!!

本当に、素敵な演奏でした。

f:id:toriki841:20161226182752j:image

左から。

バリトン牧野正人さん。大先輩で、オペラでもコンサートでも何度も共演させていただいている大天才歌手。お見本のように滑らかな歌いぶりにちょい悪エッセンス?が加わるところが凄いのです。やはり第九でもそんな魅力がたっぷり。

ソプラノ西森由美さんは初めましてでしたが、熊本出身の血で、あっというまに近しく感じて(笑)。美しく流れ溢れる声がとっても合わせやすくて、お隣で歌うのがとても気持ち良かった!

指揮者の金洪才さんは、この写真のお顔のようにクールな方かと思いきや、確かにクールでもあるんだけど、楽器ひとりひとり、合唱もふくめて歌い手ひとりひとり、更に観客ひとりひとりと、軽やかにお喋りするような、コミュニケーションが止まらない指揮で、舞台上にも、客席にもまさに「歓喜」を振り撒いて下さいました。

そして、横に並びたいテノールNo.1(笑)馬場崇さんとは、たぶん12年くらいぶりの共演??

変わらない豊かで柔らかい声と繊細な音楽に、更に渋みが増していて素晴らしかった〜。

やはりお隣でとっても歌いやすかった!

個性それぞれなソリストたちに囲まれて中間管理職的に悩む事もあるアルトソロですが、これほどすんなりと、自分の居場所を見つけられるアンサンブルは私史上初でした。

それは共演者や聴いてくれた方々にも伝わったようで、とっても嬉しく。

 

何度も書いております通り、私は半分熊本人。母の実家が熊本にあります。

母は熊本産業交通の元バスガイドで、観光に来た父と出会いました(足首がキュッとしていたのが良くてナンパしたそうです...)。

祖母はしばらく前に亡くなりましたが、昔っから明るくて楽しくて大好きなおじ、おば、いとこなど親戚たちも熊本におります。

その話をし始めて打ち上げで軽く醜態を晒しましたが、今年4月の震災の折にはスペインにいながら皆が心配でたまらず!

珍しく緊張したのは、オーケストラもすごく良い感じに熱を帯びた演奏で、この演奏に応えなくては、と思ったからで。

前日リハーサルのあとで牧野さんが「ホルンのソロとか失敗するとほっとするよね〜」と話していたのですが、そのようなこともなかったし(笑)。

ちなみに、やよぴーetc.と言ったのは10年以上前にご近所に住んでいて良く一緒にカレーやラーメンを食べた馬場氏。

f:id:toriki841:20161226185655j:image

時を経て、熊本でまた一緒にラーメンを食べれたのも感激でした(笑)

 

今朝、出発前には震災後、5月に亡くなったおじの仏前にも手を合わせられたし、熊本駅くまモンの巨大頭とも写真撮れたし。

 

できればあと2、3日ゆっくりしたかったのですが、それはスケジュール的に叶わず。

またここに戻らなければ、という思いとともに、それでも充実した気持ちで帰途に着きました。

 

さて、そろそろ、長か旅も終わり〜。

東京都内に入りました。

 

本番は納めましたが、まだ来年のための稽古が続きます。

今年も、あと少し、お付き合いいただけましたら幸いに存じます!!