読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

弥生三月。

今年も私の月が来ました(笑)。

今月に入ってからブログに書きたいことが多すぎてむしろ書けない状態で!

しかしとりあえず、書きたかったことでは全然ない、起こって欲しくもなかった迂闊エピソードからご披露......。

 

 

お題「私のカバンの中身」

漏れてた、どころではなく、一口だけ飲んだ覚えがあるペットボトルは完全に空で、蓋に到っては鞄の中にもありませんでした。

すでにしまうときに蓋なしのまま鞄に入れたのでは??てくらい、自分を疑ってます。

 

チケットが結局どうなったのかは、また最後にでも...。

 

さてさて、書きたくて溜まっていた諸々。

 

長く続いていた全国共同制作《蝶々夫人がいよいよ終わってしまい、すぐ翌日から次の稽古が始まったとはいえ、やはり寂しい気持ちも強く。

街で、黒い帽子、黒いリュックによれっとした紙袋とかを持った70〜80歳代くらいの男性とすれ違うと、笈田ヨシさんのおもかげを求めてつい振り返って見つめてしまったり...。

また今稽古で通っている立川にはそんなラフな雰囲気の妙齢の?男性が多い!(笑)

立川にマニアックな大女が出現するって噂になってたらどうしよう!!!?

 

記憶が薄れないうちに千秋楽翌日にあった笈田さんの講演会についても書きたいのですが、もう少し消化してから、と思ったり。

4年共同開催 笈田ヨシ演出《蝶々夫人》千秋楽!! - mezzosoprano 鳥木弥生blog

「蝶々夫人」論、演技・演出論の”ノート”———中央大学人文科学研究所主催公開講演会「演出家・笈田ヨシ、《蝶々夫人》を語る」 | オペラ・エクスプレス

こちらは講演会の聞き手をつとめられた森岡実穂さんによる記事です。

 千葉さとしの「帰ってきた”クラシックを聴いてます”」: 書きました:中央大学人文科学研究所主催公開講演会「演出家・笈田ヨシ、《蝶々夫人》を語る」ノート

こちらは前に高崎公演の素敵なレビューも書いて下さった千葉さとしさんのレポート。

 

他にも講演会や、公演自体の批評やレポートをたくさん書いていただいていて、ありがたく読ませていただいています。

千秋楽の模様は4月に放送予定もありますので、公演を思い出したい皆様にも、ご覧になれなかった方々にも観ていただけたら嬉しいなー。

 

先日は、一昨年に舞台で共演した俳優さんたちが集って立ち上げた劇団の旗揚げ公演の通し稽古にお招きいただいたのですが、2ヶ月間の笈田塾で、以前よりも少し、役者さんたちの熱い芝居トークについていけるようになったような気がする、かなーーー?(笑)

男性ばかり9人(あ、一場面除く!見たら分かる。笑)、それぞれの人生のドラマが刑務所の一室(ていうの??)で絡み合い、面白おかしいと思えば切なかったり、深刻かと思えば馬鹿らしかったり、また、残酷かと思えば......うーん、結末まで全く飽きず、しかも返し稽古も飽きずに観れた!!

本番も行きたいのですが私はちょうど横須賀で《蝶々夫人》...。

私の代わりに皆様、ぜひー!

芝居好きな方も、観たことない方にも。

もちろん好みのイケメン探しをする女子的見方でも??!

うーん、私ならあの人か.....!!(笑)

MATCHLESS HERO「PRISON」予約ページ(マッチレス) | 演劇、ミュージカル等のクチコミ・チケット情報ポータル★CoRich 舞台芸術!

MATCHLESS HERO | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!

味のあるイケメンたちの演技ももちろん良いのだけど、本当に良いストーリー、脚本だなあ、と思ったら、やはり何度か再演されている上に、女子刑務所バージョンもあるらしくて!!!

帰りに、私が共演させていただいた時はブラームス役を演じていたモリタモリオさんに、

 

「鳥木さんだったらどの役やりたいっすか?」

 

と聞かれてまだ迷い中(笑)。

観に行かれる方がいらっしゃったら、私にどの役が合うか考えながら観てくださいませ。

 

同じ女子刑務所ものでも、私がハマっているオーストラリアドラマ、ウェントワースなら、やりたい役はフランキーで決まりなんだけどなあ!!

 

ウェントワース女子刑務所 DVD-BOX

ウェントワース女子刑務所 DVD-BOX

 

 

テーマソングが頭回るんですよねー。 

とはいえ、最近Huluで追加された最新話を見る暇がまだないくらい今週は我ながら活動的で。

 

ふたつのオペラの稽古に加えて、日本オペラ《よさこい節》も観に行ったし。

 

あとは、前々から書いている、9月8日(金)、ハクジュホールで開催するコンサートのフライヤー撮影のため、年末に続いてまたまた両国のスタジオアウラに!!!

TOP of aura.Y2 深谷義宣 YOSHINOBU FUKAYA

2017年、良い年になりますように!! - mezzosoprano 鳥木弥生blog

ちなみに、年末に撮影したトリオ写真は、こんなに素敵なフライヤーになりました〜!

https://www.instagram.com/p/BRK1TL8BMKX/

Vanitas〜Venezia〜5/27 近江楽堂https://www.facebook.com/events/250645945358282/?ti=icl

 

そして今回の撮影はソプラノ、佐藤亜希子さんとのコンビで。

 

あ、ドレス入りました、ていうのは...。

前日に、撮影で着たいドレスがあと2センチ!て感じで入らず、どうしたら明日までにウエストが2センチ縮むだろうという問いかけを皆様にしたところ、たくさんの大喜利的回答もありつつ(笑)、特にFacebook上で有益な本気情報をいただき、無事翌日、ドレスのファスナーが閉まったよ、というご報告でした。

いやー、ありがたかった。

そして、まだチラシにはなっていませんが、写真は完成。
f:id:toriki841:20170305221940j:image

©︎YOSHINOBU FUKAYA/aura.Y2

なかなかインパクトのある写真になったのではないかと思っております!

チラシが完成したら、まずは3/19、20の立川カルメンの公演プログラムに挟み込む予定ですので、お越しの方は、お楽しみに〜〜!!

共演者情報などもその頃に。

立川にいらっしゃらない方はFacebookページをチェックしてくださいませ。

 

Regine del Belcanto〜レジーネ・デル・ベルカント

ちなみに立川カルメンは公演一月前にソールドアウトというありがた寂しさ(笑)
宣伝のためにブログを書いたり工夫を凝らした写真撮ったりする意欲が湧かないので......。

 

 

そんな立川カルメンのプレミアムチケットをお持ちの方、出演者一同、会場でお待ちしております!!

 

あ!

チケットと言えば......。

鞄の中で水が注がれたチケット達ですが......。

夜中にチマチマと、机の上にチケットをはがして並べて就寝した私でしたが、朝起きてみると、机の上がこのような状態でした。

f:id:toriki841:20170305223033j:image

あれ?夫が炊き込みご飯でも炊いたのかな?

でも、なんでまな板??

で、チケットどこだろ???

と、思った私はとんだ夫の心妻知らずの馬鹿者で。

天使説もあるほどのできた夫である彼が、気を利かせてチケットに重しを乗せてくれていたのでした。

釜の蓋を開けたら何もなくて「チッ」と思った私を神様許して...!!!

 

で、更に一晩重しを効かせた結果.......

f:id:toriki841:20170305224124j:image

い、いまいち!!(笑)

 

ただ、文字の滲みも無いし、幸いただのクリスタルガイザーだったので汚れているわけでもないし(私が一口飲んだあとのペットボトルからの注水だったことは気にするべきだろうか...)、お客様にはこのまま......で、いいのかな......??!

うーん.......

もう一晩釜の下に置いてみようかなっと......