読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

江副記念財団45周年記念コンサート&藤原歌劇団《カプレーティ家とモンテッキ家》GP

Instagram Twitter 本番! 愉快な友人

 

オペラの合間の息抜きにコンサート...と言うには豪華すぎる演奏会が、一昨日のKHP(ピアノ舞台稽古)と本日のGPの間、昨晩、ありました。

 

歌手4人は武蔵野音大の先輩お二人と同級生で今は講師としても同僚の、長いお付き合い、共演も多いメンバーで、控室、楽屋ではまさに息抜きモードの楽しさでしたが。

f:id:toriki841:20160909113830j:image

天下のサントリーホールで、天下のマエストロ・バッティストーニ、天下の東フィルさまとの共演をオペラの合間に(しかも全然違うタイプの曲)という、まあ、私にとっては?まあまあ、無謀な。

 

ひとつ言い訳?をしますと、最初に「9/8なんだけど、江副記念財団45周年記念コンサート出れる?」とお声がかかった時には、まさかこのような、豪華なオーケストラ、豪華なソリスト、豪華なマエストロとの共演とは思わず...(45年、て数字もいまいち中途半端だし。笑)、その日オペラの方は別組のGPだし、1、2曲歌うだけらしいし、藤原歌劇団もGOを出してくれたし、まあ、何より江副育英会さまには二年間イタリア留学の奨学金をいただいていたご恩もあるし、という気持ちでお引き受けして...。

 

 

誰が指揮者か知らなかったどころか、オーケストラ伴奏なことすら知らなかったわけで...。

 

結果、何が大変だったかというと、体力も声も幸い大丈夫でしたし、スケジュールなどはバッチリ綺麗に組んでいただいて問題なかったのですが!

......チケット管理が......。

昨晩のコンサートのリハーサルでオペラシティ、11日の《カプモン》の舞台稽古で新国立劇場、という初台駅のあっちとこっちでダブルヘッダーだったのが、一昨日、7日のこと。

その日、可愛い生徒たちに頼まれたコンサートのチケット4枚をリハーサルの時にオペラシティで受け取り、その後、新国立劇場へ。翌日サントリーホールで受付置きにするために、生徒たちの名前を楽屋でチケット袋に書き。

 

そのまま新国立劇場楽屋に放置。

 

コンサート当日の昨日。

サントリーホールにて。

直前リハーサルが終わったあとに荷物をいくらひっくり返してもチケットは見つからないわけです。

その時点ではどこに置き忘れたか、はたまた鞄のどこかに埋もれているのか、皆目分からず...。

せめて席番が分かれば再発行可能、と聞き、そこからは、藤原歌劇団のマネージャー様たち(サントリーホール側、新国側双方の)、江副育英会の事務の皆さま、今回のコンサートの歌手部門のためにわざわざ来てくださった、私たちが奨学金をいただいていた時にお世話になっていた、今は東京文化会館にいらっしゃるK女史、たまたま楽屋見舞いを持ってきてくれた小川里美ちゃん、自宅にある可能性も考えて家族、などを巻きこんでの大捜索!!!

 

結局チケットは無事、新国立劇場の楽屋、スーツケースの中(その前に他の場所もいっぱい探させた......)から発見されたわけですが。

久々にお会いしたK女史、苦笑いのお顔に「鳥木、相変わらずやな」と、はっきりくっきり書いてありましたね〜。

本当に、相変わらずでごめんなさい、でした...。

 

さてさて、ハプニングはともかく!?

コンサートはオペラ歌手4人以外に、ピアノ、バイオリン、チェロの若く才能溢れるソリストの方々も出演され、盛りだくさん!!

f:id:toriki841:20160909211456j:image

たいへん盛り上がりました〜〜。

f:id:toriki841:20160909211900j:image

 

こちらの模様はBSでの放送もあるようですので、またお知らせいたします!!

 


さてさて、そんな昨晩の興奮も冷めやらない今日は、オペラ《カプレーティ家とモンテッキ家》のGP。

 

昨日の姿からうって変わって、男らしい私(笑)。



https://www.instagram.com/p/BKIfl39hqZU/

Romeo nel camerino.

 

本当に、本当に、素晴らしい共演者に恵まれました。

藤原歌劇団公演「カプレーティ家とモンテッキ家 I Capuleti e i Montecchi」2016年9月10日・11日 | JOF 公益財団法人日本オペラ振興会

山下マエストロも、ソリストの仲間も、まだベテランというには早く、若手というには遅く(笑)、自分たちで言うのも何ですが、「1番いい時」が揃いました!!

ベッリーニ29歳の時の、これまた「1番いい時」の作品に対して、今日のGPが終わってもまだまだ上を目指すパッションを、全員から強く感じました。

 

明後日の公演が本当に楽しみ。

 

あ、明日も別キャストでの公演があります!!

おすすめはもちろん、両キャストの聴き比べ!!!

当日券も出ると思います。

週末のご予定に、ぜひ藤原歌劇団《カプレーティ家とモンテッキ家》を!!!

カプモンGO!!!

 

 

もうチケットトラブルはありませんように(笑)。

もしも私にチケットお願いしたけど連絡無いよ、て方がこちらを見られていましたら...お手数ですが再びご連絡下さいませ...。

(すっかりトラウマ...)。