読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

新たなる挑戦!母ちゃん、舞台へ。劇団東京イボンヌ「ブラームス(仮)」

出演情報
私、母ちゃんメゾソプラノ、もちろん「オペラの舞台」にはいつも立っているのですが。

「舞台」とだけシンプルにいえば、「芝居」、「演劇」ですよね。

なんと、そっちなんですよ!


こちらの「劇団東京イボンヌ」、来年6月の公演に出演いたします。

2ヶ月ほど前には、ただの観客として観に行ったのですが......。



シューベルトに続いて、次回は「ブラームス」。




ブラームスといえば......。

私にはひとつ、忘れられない記憶があります。

今はすでに成人している姉の息子が赤ちゃんの頃......。

高校生の私は、金沢で姉の家に下宿していました。

その日、姉が外出して子守を頼まれて......。

......ちなみに、私は当時(というか自分が子供を産むまで)自他共に認める「子供嫌い」だったので、どんな流れで私に子守が任されたのか......?
とにかく、姉に赤ちゃんの子守を頼まれたのは後にも先にもその時だけ。
彼が小学生くらいになってから、一度くらいは二人きりになった気もしますが、とにかくレアな出来事でした。


高校生の私にとって、「泣き」のツボが全く分からない赤ん坊。

(「泣き」入れる理由が全く分からないテノール歌手なら、今でもいるけどね!)


授乳を頼まれた覚えはないので、たったの1、2時間のことだったと思うのですが、愚かな私の限界はすぐに来ました......。

(このあたりから、ヴェルディ作曲「イル・トロヴァトーレ」の、アズチェーナのアリア、”炎は燃えて”〜”彼女は繋がれ”をBGMにどうぞ)。



どうしても泣き止まない彼を電動ゆりかごに縛り付け......

コンビ エコアクト ルシエス オートスイング ベージュ BE

コンビ エコアクト ルシエス オートスイング ベージュ BE


ゆりかごの上にはメリーを回し......


メリーから流れるブラームスの子守唄......


正気を失った私は、近所の本屋に漫画を買いに行ったのです......


背中に突き刺さる赤ちゃんの鳴き声と、あの、ブラームスの子守唄......!!


私は......私は......姉の子供を置き去りにしたのです!!!!!


Quale orror......!!!
(なんて酷い......byマンリーコ)


さらに、そのときのことを......もう時効かと思って姉に笑いながら話し、大学生の私はこれでもか、というくらい、こっぴどく叱られたのです.........


Quale orror......!!

(あたりまえや......!!)


............


以上。

私のブラームスにまつわる思い出、というか懺悔でした。

姉の息子は幸い元気に大きく育ちました。

姉は、私の息子にとても優しくしてくれます。

これこそ、泣くとこですね......。


お姉ちゃん、ありがとう......。


そんなわけで、この悲しいブラームスの思い出を、来年6月、反省しつつ塗り替えたいと思います。

皆様、私の罪悪感が芸術に昇華される(かもしれない)舞台、劇団東京イボンヌ「ブラームス(仮)」に、ぜひお越しくださいませ。

詳細はまたご紹介させていただきます。

こちらのHPでも情報が出ると思います。
よろしければ、ご覧ください!