読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

またまた金沢へ!

紀行 稽古日誌 出演情報
かがやき車中です。
開業から半年乗れなかった分を取り返す勢い!


先ほど、大宮を同時刻に発車した「はやて」と4分くらい並走していたのがなかなかスペクタクルで。
「はやて」の乗客も軒並みこちらを「おおー」という表情で見ていて、1歳くらいの可愛い子供と可愛いお母さんと目が合って、バイバイし合えて母ちゃん満足でした。

そして今日はなんと日帰り。
金沢も陸路で日帰りが可能になりました。

やはりかなり身近になったのか、人も多い!
新幹線ホームもごったがえしていたし、何より、今日のためのチケットを買うのが遅くて、「普通車の指定は朝から金沢17時代着まで満席です」と言われ!
17時着じゃ全く仕事に間に合わないし、色々検討した結果、行きはグリーン車に乗車。(主催者様、グリーン代自分で払います。笑)
「え?かがやきのグリーンってあの、グ、グラ、グランなんとか...」
と、窓口で挙動不審になってしまいましたが、かがやきにはグランドクラスも、普通の?グリーンもあるんですね。
ついでに、席に座らずに行く「立ち席券」もあるそうです。
《滝の白糸》の時に誰かとそんな話をしましたが、今、疑問が解けました。


さて、今日の金沢往復の後は、できれば頭の中を流れ続ける《滝の白糸》をいったん隅に寄せて、《仮面舞踏会》に集中したいところで...。

先日、女性合唱との稽古がありました。私の歌う占い師ウルリカは、女性信望者たちに取り囲まれて登場します。
世界に何箇所かある「女性だけの村」などにいつか暮らしてみたい憧れがある私としましては、なんだか気分が良く(笑)。

皆様に気持ち良く崇めていただけますよう、今日の旅のお供にはこんな本を選んでみました。

f:id:toriki841:20151121110457j:image

これは数年前に夫が、私の家庭でのあり方に対する何らかの抗議行動、嫌味として、
「弥生はこれを読めばいい」
と、買ってきてくれたもので、まだ斜め読みしかしてませんでした。
けっこう面白そうです。

完全教祖マニュアル (ちくま新書)

完全教祖マニュアル (ちくま新書)



あと、某先輩歌手からは、今回のウルリカに似ているこんな方も教えていただきました。

ちなみに稽古場での写真はハロウィンの時の、休憩中のおふざけです。こんな場面はありません(笑)。

そんなわけで、教祖怪獣か。

ぜひぜひ、劇場まで確かめに来てください。
お席は残り僅かです。