読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

4都市共同開催 笈田ヨシ演出《蝶々夫人》千秋楽!!

Instagram Twitter 《オペラ》について。 はてなブログ 公演評 出演情報 打ち上げ! 本番! 稽古日誌 紀行

お題「最近涙したこと」

終わってしまいました...。

二ヶ月、色々ありました。

 

二ヶ月戦った勲章のようなこの足。

”汚し”はもちろん洗い流しましたが、傷やアザはいつ消えるかな?

それすらも寂しいような。

f:id:toriki841:20170222105849j:image

皆様に良いスズキだった、と言っていただき、今回が日本でのスズキ全幕デビューだった私ですが、非常にラッキーだったと思っています。

笈田ヨシさんから、見に来てくださった演劇人の方々にもスズキが好評だったと聞いて非常にありがたく、そして面白かったのは、

いくら舞台でいい演技しても見てもらえないこともあるからね。見てもらえて良かったね

という、何それ?人ごと??という笈田さんの御言葉(笑)。

いやいや、あなたがそういう風に演出したんでしょ?ていう。

二ヶ月間、折に触れて聞いた笈田さんの、このような飄々とした禅問答のような御言葉の数々は書き出すときりがないのですが...。

また改めて、公演の翌日に行われた講演会の内容もふまえて、稽古中の笈田さんの金言たちについてもまとめて書けたらな、と思います。

「演出家・笈田ヨシ、《蝶々夫人》を語る」

こちらの会場でも、皆様に、

「スズキさん、スズキさん」

と声をかけていただいて、とても嬉しかったです。

 

実は私、いち音楽家としてはプッチーニが特に好きではないのですが、この《蝶々夫人》を生み出してくれたことには非常に感謝していて。

おかげで海外の劇場にも呼んでもらえますしね(笑)。

そして誤解を恐れずに言うと、スズキを演じる時は、オペラ歌手としては働いていないと感じています。

プロダクションにいても、歌手たちよりも、助演さん、スタッフの方々により親近感を持って働いているような(笑)。

今回も本当に、本当に素晴らしい同僚に恵まれました。

そして、今回はそこに笈田ヨシさんという大ボス的な存在があって。

 

笈田ヨシ氏演出《蝶々夫人》金沢、大阪公演。 - mezzosoprano 鳥木弥生blog

 

まだ先がある!と、ワクワクしていた先月の自分が懐かしい......。

あの貴重な日々。

 

またまた実を言うと、千秋楽まで終え、結局は迷いながら終わったな、という気持ち。

ずっと観ていてくれたとある方からは、

「弥生さんのスズキは堅い。三割バッタースズキイチロー

と、上手いこと言われたりもしましたが、本人的には全くそんなことはなく、ゴローの次のロクローくらいですよ、私なんて(笑)。

 

笈田さんに、ある時、

「舞台で何かが降りてくるか、降りてこないか、それはその時しだい」

と言われ、それが予言だったかのように降りてこない時の残酷さも知りました。

 

でも、その迷う気持ち、戸惑いも舞台上ではスズキのもの、舞台上では何を感じても何をやっても私はスズキ、という信念(開き直り?)もあったり。

千秋楽の朝。笈田ヨシ氏演出《蝶々夫人》 - mezzosoprano 鳥木弥生blog

 

人間は割り切れない。道はどこかへ行くためではなく、迷うためにある。

 

という言葉を笈田さんの口から最初に聞いたのは衣装合わせで自分の順番を待ちながら初めてゆっくりお話させていただいた時でした。

「だから、スズキをこういう人間だ、と決めずにやりなさい。あなただって、自分がどんな人間か聞かれても答えられないでしょ?」

と。

 

そして、同じ言葉を千秋楽の翌日の講演会で聞き、甘いんですけど、何か、慰められたような気持ちと、これからもチャンスはある!思い切り迷い続けよう!という、前向きさ(やっぱり開き直り??)が復活!!

 

打ち上げでやはり名言の宝庫、笈田さんが言いました。

 

我々の仕事は打ち上げ花火

 

ひとつ打ち上げ終わったら、また次の花火を上げる準備をするしかない。

 

あ、飲み会の方の打ち上げと混乱してますね。まあ、それも同じこと!!(笑)

 

そんなわけで、今後スズキは、鳥木に戻る...かと思いきや、次もスズキ!

 

その翌週はカルメンで。カルメン、スズキのいったりきたりが一応収束?(笑)

残念ながら3/19のカルメンはあっという間に売り切れてしまいましたが...。

スズキとカルメン - mezzosoprano 鳥木弥生blog

 

その後は4/7王子ホール、4/15群馬県板倉、5/4、5金沢、5/27近江楽堂、6/4成城サロンフォンターナ、6/18小平、7/8金沢、7/23王子ホール、7/30杉並公会堂、8/5練馬文化会館、8/20オペラシティ、8/27富山、9/8ハクジュホール、9/10八千代市......

と、いずれもオススメな公演に出演致します。

こちらのブログや、TwitterFacebookで内容、詳細、その他の出演情報もお伝えしていきますので、よろしければフォローして下さいませ。

もちろん積極的なお問い合わせもご遠慮なく!!

いっぱい歌ってる私を見てみたいなあ、聴いてみたいなあ、という有難い方がいらっしゃいましたら、5/27、6/4、7/23、9/8あたりを空けておいていただけたら幸いです。

またまた中嶋彰子さんと並んでるところを観たいよ、という皆様は4/15、8/20にぜひ。

北陸にも何度も行けるのが嬉しい!!

 

Breeze Note『街にオペラがやってくる!』紹介動画 - YouTube

こんなおふざけ?動画ももし7分ほどお時間ありましたらご覧ください。

こちらのシリーズの第三弾は来年の今頃の予定です。