読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzosoprano 鳥木弥生blog

オペラ歌手(メゾソプラノ)鳥木弥生の日常、演奏会情報など。

《オペラ》について。

「チェネレントラ」はまりどころ。

いいオペラだー、チェネレントラ。ロッシーニ天才!!— yayoi toriki (@yayoitoriki) 2014, 9月 18何をいまさら、ですが。「チェネレントラ」、本当に名作です。しかし、恥ずかしながら今まで実演に接したことがなく。自分でも、最後の大ロンドだけは、私の…

「チェネレントラ」、あるいはZ氏と私。

私にとって、マエストロ・ゼッダの手を離れて初めてのロッシーニオペラ!(楽譜は使用してますが)。初めての喜び。初めての責任感!?今、ロッシーニを心から楽しんでいます。ぜひこの笑いと感動を共有しにいらしてください!! pic.twitter.com/fgKMpH8Fce— …

衣装合わせ!

ルナノバ第六回公演ロッシーニ作曲《チェネレントラ》Facebook今月26日、川口リリアでロッシーニ「チェネレントラ(シンデレラ)」 - mezzosoprano 鳥木弥生blogとうとう一週間と一日後に公演が迫りました!今日は衣装合わせ。どんな風かと申しますと。魔法に…

頭の中シンデレラ。

何か、「シンデレラ」に関する面白いギャグがあった気がするのにはっきり思い出せなくてモヤモヤしてます。節がついてたっぽい気もするので牧伸二さんあたりか......?そんなわけで、昨日から本格的に稽古参加し始めた公演、ロッシーニ作曲《チェネレントラ…

8月22日は成城ホール「街にオペラがやってくる!Vol.1」

二週間石川県に滞在し、昨晩帰京。21日11時半現在、たいへんな旅疲れ気分ですが、今晩はリハーサル、明日はこちらの本番です!この8月は本当に楽しい本番がめじろ押しでした。そのフィナーレとなる明日。旅疲れは本日午後には吹っ飛ばす予定です!!!昨晩、…

8月22日は「街にオペラがやってくる!」成城ホール。

毎日、いろんな本番の稽古が順番にやってきて、楽しく混乱中の母ちゃんです。チェネレントラの稽古にカルメン用のカスタネット持って行っちゃったり、それはまだ良いんですが、チェネレントラの稽古じゃないのに2kgもあるチェネレントラの楽譜持って行っちゃ…

開発希望!オペラ歌手養成ギプス!

先日行った整骨院に、このような装置がありました。ドクターメドマー DM-6000 両脚セット出版社/メーカー: メドー産業メディア: ヘルスケア&ケア用品この商品を含むブログを見る 脚全体を包み込んだ袋状のブーツに、空気を入れ、血圧計のような要領で加圧す…

「4 Fiori〜真夏の花のから騒ぎ」Duetto特練!

こんにちは!「4 Fiori または 藤原藍子歌劇室」広報部長、鳥木です。夏も深まって参りました。「4 Fiori〜真夏の花のから騒ぎ」熱くなりそうです!!!先日はリーダー小林厚子さん、歌劇室長兼ケータリング部長の藍子さんと時間をみつけて、Duetto特練を致…

五月病(かも)を晴らす!映画とオペラ。

5月病改善法に、読書や映画鑑賞でも......とあったので。図書館で本を借りて、(先週の火曜日に借りて絵本以外で読了は一冊のみ...。返却期限の27日までに読み切る自信なし)映画も(いつものHuluでだけど)観た。http://hulu-japan.jpドラマも楽しいんだけど、…

宝塚歌劇団100周年。藤原歌劇団は80周年。ところで、「ソイラテ」には、コーヒー入ってるんですか?

昨晩は、愉快なお姉さんピアニスト、あやこさん&あきこさんのお二人、日本のオペラ界に多大な貢献をされ、私もさんざんお世話になっているH氏、との4人でお食事。ボローニャ在住のあやこさんの帰国に合わせて企画した会でした!場所は、四角いPizzaが出てく…

想い出のアリア。藤原歌劇団創立80周年記念コンサート

アリアって何?て方はこちらなどを。http://ja.m.wikipedia.org/wiki/アリアhttp://m.kotobank.jp/word/アリア?dic=sekaidaihyakka私達オペラ歌手は、キャリアを始めるにあたり、少なくとも数曲、上手に、魅力的に歌える、おハコ的なアリアを幾つか持ってい…

オペラ。歌と演技。

全く予備知識なく、初めてオペラを観に来た方が必ず驚くのが、「オペラって、お芝居するんですね!」ということではないでしょうか。「マイク無しなんですか!?」とツートップ?そして、「じゃあ、演技の勉強もされたんですか?」とも、よく聞かれます。で…

銀座オペラ「イル・トロヴァトーレ」復讐!じゃなくて、復習!!

トロヴァトーレ打ち上げ第二弾!本番後は銀座で打ち上げて、今夜は稽古で通った渋谷で。一升瓶マッコリ!銀座オペラ「イル・トロヴァトーレ」は、字幕もあり、演出の彌勒さんがナビゲーターも勤めるという分かり易さが売りでしたが、なにせ元々のストーリー…